大河ドラマ 江 あらすじ 第37話


今回は、NHK大河ドラマ 江~姫たちの戦国~第37話「千姫の婚礼」のあらすじに
ついてです。江がまたもや最愛の娘たちと離れ離れになってしまいます。

【NHK大河ドラマ 江~姫たちの戦国~其の弐】
サウンドトラック CD 11/9/21発売 >>



江(上野樹里さん)と秀忠(向井理さん)に再び試練が訪れます。


まだ、年端のいかない長女・千と次女・珠を家康は政のために嫁がせることに・・・。
そして、千は秀頼と珠は前田家へ嫁ぐことが正式に決まります。


江は可愛い娘を奪われることを拒み、秀忠にその思いを訴えるも、秀忠に父・家康
に背くことなどできるはずもなく、娘たちが去っていくのを耐えるしかありません。


そんな両親の思いを心のどこかで察した千は、自分の思いを押し殺して気丈にも、
父と母の役に立ちたいと泣きながら訴えるのでした・・・。


千の親を思うその姿に江は一層娘を不憫に感じてしまい、一緒に泣き明かすことに。
そして、娘が嫁いでからしばらくは立ち直ることができませんでした。

向井理さんの関連グッズ 楽天市場 最安値はこちら >>


一方、大坂では大野治長(武田真治さん)が、新年を迎えたにもかかわらず、一向に
豊臣家に挨拶に来ない家康(北大路欣也さん)に対しヤキモキするのでした。


家康が豊臣家に新年の挨拶に訪れたのは2月に入ってからのことでした。


家康は新年の挨拶が遅れたことを、さほど悪びれる様子もなく、その場をやり過ご
そうとするその姿は、まるで家康を毛嫌いする大野治長を挑発するかのようでした。


そして、家康は秀頼が関白になるまでの仮の将軍であるとしながらも、近く朝廷
から征夷大将軍に任じられることをその場で報告し、周囲を驚かせます。


これを機に淀(宮沢りえさん)をはじめ豊臣家の人間は、家康に対して警戒を強め
るも、このときすでに家康を止めることはもはや誰も出来ませんでした。


これから家康の天下統一に向けてより一層面白くなるところですので、さらに江を
盛り上げていくためにも、どうぞ第37話「千姫の婚礼」を宜しくお願いします。

江~姫たちの戦国~の関連グッズ 楽天市場 最安値はこちら >>









共通テーマ:テレビ
Copyright © ドラマ あらすじ・視聴率 速報 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます